コンテンツへスキップ
インフォメーション

奈良リビングフェスタ入口看板

4月15日(木)、16日(金)は、奈良コンベンションセンターにて開催の

奈良リビングフェスタに出店してきました♪

 

2月に開催予定だったのが延期になり、それまでの奈良ロイヤルホテルから場所を変えての開催。

今年で20回目の開催となる奈良県では定着した大きなイベントです。

 

このイベントは8年か7年?前から毎年続けて出店させて頂いています。

「なないろはあと」を始めてから、初めて一般の方へのお披露目の機会となった私にとっては思い入れのあるイベントでもあります。

広く、たくさんのお客さまが集まるイベントなので、洗礼を受けるというか・・・笑

良い意味で気づきを頂いたり、勉強させて頂けます。

 

今回は、感染拡大もじわじわと広がる中・・・

開催自体どうなるんだろう?と心配していましたが、

前日搬入に行って初めて会場に入り、

天井も高く広い会場!✨

さすがコンベンションホール!✨!

そして、隣のブースとは前後左右2mの間隔!

これなら密になることはなく、安心して出店できる!✨と思えました。

 

搬入口から会場へのルートが、フラットにすぐに入れるのにも感動!✨

さすがコンベンションホール✨!(←2回目(笑))

 

さてさて、出店時の様子ですが~。

1日目は、外の天平広場でのパンとお菓子のブースに行列ができていたそうで。

そのお客さまが流れて来て、最初の1時間はたくさんの人が会場に。

その後はゆったりでしたが、常に立ち寄られるお客さまがいらっしゃり、ゆっくり対応させて頂くことができました。

会場が変わっても、なないろはあとのブースを覚えていらっしゃるお客さまがいらっしゃったり、

SNSを見て来ましたとおっしゃってくださったり、

ブースの周りをゆっくり一歩ずつ「かわいい、かわいい」とつぶやきながら回るお客さまや、

作り方を聞きながら試してみたいとおっしゃって下さり、フェルトボールを購入してくれた方、

午前中にご自分用にネックレスを購入して頂き、午後からも戻ってこられれて、母の日のプレゼントにまたネックレスを購入して頂いたり、

お子さんとピアスの色をどれししようかと相談しながら購入して頂いたり、

お友達へプレゼントにとお花畑のブローチをいくつか購入して頂いたり、

色のセンスが素晴らしいですね~~!✨と絶賛してくださったり、

発想が素晴らしい~~✨と褒めて頂いたり、

見ていて笑顔になれる作品ですね、とすごく嬉しいお言葉を頂いたり、

ここに来たら会えると思って、と声を掛けて頂いたり、

 

書ききれないくらいの嬉しい出会いがあった2日間でした♡

 

新作のひつじのブローチ
新作★ひつじのブローチも大人気でした♡

 

新作の 「夢みる ひつじのブローチ」は、モニター販売を経て初お披露目♡

1日目で在庫が少なくなり、2日目は増やして持っていきました♪

たくさんの方に手に取って頂き、とても嬉しかったです♡

 

ちびぼうず まっくろくろすけ
「まっくろくろすけ」みたいなちびぼうず♪

 

隅っこに設けた「ちびぼうず」エリアでは、ほとんどの方がクスッと笑ってくださいました。( ´艸`)

そんな様子を見ると心の中で「やった♡」って思っちゃいます♡

眼を付けただけの「ちびぼうずの詰め合わせ」が何故か人気♡ こちらはオンラインでも販売中 → こちらから購入できます♪

 

奈良コンベンションホール
天井の高ーいコンベンションホール

 

広くて空調も快適なコンベンションホール✨

床は絨毯で、二日間の出店も足が楽でした♪

 

来年からの開催はどうなるのかな?

奈良ロイヤルホテルでは、ハーフテーブルプチショップで出店していたので今回のような作品数を持って行ったのは初めてでした。

ここでまたフェルトボール愛をお伝え出来たら嬉しいなぁ♡

 

 

今回の出店は、平日のため家族の手伝いは頼めないので、

前日搬入や搬出、出店時のお手伝いには友人にお願いしました。

お陰で搬入を含めた3日間、すごく段取り良く動けて本当に助かりました♡

ありがとうございいました!

 

なないろはあとのブースに立ち寄ってくださったお客さま、

ご一緒してくださった出店者の方々、

そして、奈良リビングフェスタのスタッフの方々、

お世話になり、ありがとうございました!

 

 

次回の出店の予定は、

5月15日(土)16日(日)

奈良アートクラフトフェア

 

5月22日(土)23日(日)

ポケットマルシェ

 

どちらも 奈良コンベンションセンターの天平広場です♪

お待ちしています!

 

次回もステキな出会いがありますように♡

 

 

 

 

 

2021年。

3月13日(土)と14日(日)

2日間にわたるスマイルリボンフェスタvol.14が無事に終わりました。

 

まずは、コロナ禍の中、無事に開催できたことにホッとしています。

 

開催が近づいてくるにつれて開催への不安はなかったのですが、

イベント開催はすぐに出来るものではなく・・・。

本来なら、3月開催のスマイルリボンフェスタの企画の初動は12月に始めます。

12月にはまだ会場の使用許可が取れなかったため、許可が取れたらすぐに初動体制が取れるように準備をしていました。

2カ月前では準備ギリギリの日程・・・。

お蔭さまで1月に使用許可が下り、開催できる目処は立ちましたが、いつまたどうなるか???との不安は消えません。

それでも、進めなければ開催できる時にできないというジレンマ。

 

きっと、他のたくさんの企画される方がこんな気持ちでいるのでしょうね。

 

だから、無事に開催出来て終わって、「やってよかったー♪進めて良かったー♪」

って

コロナなんてなかった時とは違う安堵感があるんです。

 

コロナ感染拡大対策として、物販のみの規模を縮小しての開催。

今回も前回同様こじんまりとした感じではありましたが、楽しみにしていたよ、と駆けつけてくれたお友達の皆さんの存在がとても有り難く、とても嬉しかったです。

会場での楽しかった様子は、Facebookでたくさんの写真とともに上げさせていただきましたので、ここではちょっと違う話題を。

 

スマイルリボンフェスタというイベントは、私にとってはすごく大事な場所。

「障がいがある人と社会を笑顔でつなぐ」がテーマになっていますが、

目指しているのは、

障がいのある人もない人も、当たり前に共生している空間

です。

最初のころは、なかなか障がい当事者の方が会場に来られず、どうやって来てもらえるようにすればよいのか悩みました。

養護学校の生徒さんたちに社会参加の場として提案したり、

事業所さんに直接案内状を送ったり。

SNSでの発信、プレスリリース・・・

出来る範囲ではありますが、そんなことを続けながら迎えた今回の開催。

 

でも!

規模を縮小したり養護学校の生徒さんの参加もない中、

今回の開催中に思ったことは、

来場している当事者の方がなんて多いんだろう✨

ということ。

 

あれだけ、当事者の方が来ないと悩んでいた時の光景とは明らかに違う。

 

チラシを配った福祉施設の女の子が、支援者の方と一緒に遊びに来たり

お世話になっているあちこちの福祉施設さまのスタッフさんが来られたり

お世話になっているあちこちの福祉施設さまの利用者さんが来られて、自己紹介をしてくれたり、

福祉に関わっている方たちが会いに来てくれたり、

手話通訳ができる出店者さんのところには、視聴覚の障がい当事者の方が来られていて、会場でのお買い物を楽しんでいらっしゃったり、

私の知らない障がい当事者の方たちが、自然とそこに居たり、

 

いつの間にか

障がいのある人もない人も、当たり前に共生している空間

が目の前にありました。

 

それがとても心地よく、

ああ、小さいイベントのなかの「社会」だけど、

目指す空間、環境ができてるやん✨

 

と思えた今回のスマイルリボンフェスタ。

 

様々な方たちの、「お出かけの場所」になってるやん♡

 

やっぱり

やってよかったー✨

 

 

イベントの趣旨にご賛同いただき、集まって頂いたすべての方に

感謝、感謝✨です!

 

やっぱり継続は力♡

 

またスマイルリボンフェスタで

お会いしましょう♡

 

facebookでの投稿はこちらから♡

Facebookページ「スマイルリボンフェスタ」

 

 

 

 

2月15日。

 

奈良県市町村教育主事(幼稚園等)協議会の研修会での講師にお声がかかり、行ってきました。

 

去年の秋に、友人からの紹介で、この協議会でワークショップなどをされている2月の研修会時に、フェルトボールを使って何かを作るワークショップができないか、という相談を頂きました。

1月に、協議会の会長様と事務局の方とお会いして、実際にフェルトボールや作品を見て頂き、「お花畑のブローチ」作りをすることに。

その中で、なないろはあとの話もしても良いということでしたので、1時間30分という時間の中で、お話しとワークショップをさせて頂きました。

なないろはあとの講演会

時間が限られていましたので、随分端折った話しになってしましましたが、

三男あつやの障害「プラダー・ウィリー症候群」の話し、

なないろはあとを始めたきっかけ、

なないろはあとの目指すこと

などをお伝えさせていただきました。

 

折角、教育主事の方々が集まっておられたので、フェルトボールの話しももっとできればよかったな、と反省(・_・;)

フェルトボールになる前の羊毛を見て頂いたり、触って確かめて頂いたり・・・

いろいろ工夫できることはあったなぁと思いました。

(次に機会があるときはそんなことも取り入れたいな♪)

なないろはあとの作品

なないろはあとの作品の一部は持参して、実際に並べました。

フェルトボールだけで出来る、ネックレスやブローチ、ひつじやミツバチなどのマスコット、お地蔵さま、ポットマット・・・

参加された方々が、可愛い~と言いながら作品を見て頂く姿を見るのはとても嬉しいです。

体験会風景

ワークショップの内容は、お好きなフェルトボールを選んで頂き、グルーガンを使ってお花の形のブローチに仕上げて頂くもの。

参加者(13名)全員でグルーガンを持参しての制作体験開催は初めて!

席を立たずに出来たので、すごくスムーズに開催することができました♪

 

出来たブローチを早速胸に付けて頂く方もいたり、皆さんとても楽しそうに参加して頂いていたのがとても印象的でした。

 

今回、ご縁を繋いでくれた友人には、当日のアシスタントにも来てくれてとても助かりました。

協議会の会長様、事務局のN様、大変お世話になりありがとうございました。

 

まだまだ改善しないとなーと思う内容ではありましたが、

あつやの障害のこと、そしてフェルトボールの楽しさや可能性をお伝えしながら、こういった講習会や講演ができる機会が増えると嬉しいです。

 

 

 

ご用意してくれた控室に書かれた名前でテンション上がってました♪

 

晴天に恵まれた当日!

 

12月5日 土曜日。
第8回木のおうちマルシェ当日。
 
最高のお天気に恵まれ、
無事に開催できましたことをご報告、そして、感謝申し上げます!
 
朝、10時前から会場に集まって来られるお客さま。
10時開場としたいところなのですが、10時半まではバタバタと会場作りに追われています(^▽^;) スミマセン
 
コロナ感染が騒がれている中・・・やはりどれだけの方が来られるか不安な中でしたが、終始会場は大賑わいでした!
 
賑わっていた会場

 

なないろはあとのブースで恒例で人気の雪だるまのストラップ作り♪
テラスには色とりどりのさをり織りで溢れていました♡
 
もちろん、コロナ感染対策として、マスクの着用、入口での手指消毒のご協力呼びかけ!
会場は、テラスの大きな掃き出し窓を開けっぱなしで常に換気♪
 
薪ストーブを焚きながらなので、冷え込むこともなく、本当に気持ちの良い環境の中での開催でした。
 
本物の薪ストーブの暖かさは格別♡
 
定期的に、初夏とクリスマスの時期年2回開催してきて今回が8回目。
随分地域に定着してきたイベントとなりました。
開催を楽しみにしていますとのお声は本当に嬉しいです。
 
そして、今回は意外にも新しいお客さまがも多くおられましたことも嬉しかったです。
ナビで迷いながら来られた方、モデルハウスとなっているこの会場を見てみたかったという方、以前に教育大附属中学校でWSに参加してくださった先生や、新しく取引を始めた2か所の事業所様もスタッフさんたちと来てくださいました。
 
いろんな形で広がっていることを実感できて、本当に嬉しい限りです♡
 
会場をお借りするにあたって、輪和建設さまにはたくさんのご協力を頂いています。
いつもこちらのご希望に沿って頂き、本当にありがとうございます。
そして、今回出店して頂いた、てんねん堂さま、AmyRoseさま、まーもんさま、まめちゅあさま、Taishinさま、クラムボンさま、お手伝いして頂いた福田さん、吉岡さん、
協力してくれたダンディとあつや、
関わってくれた全ての皆さまに感謝です!
 
また、できれば来年も続けて参りたいと思います。
どうぞお楽しみに♪
 
 

2

11月23日(月祝)。

この日は、奈良教育大附属中学校にお伺いし、奈良教育大附属教組女性部の交流会にて、フェルトボールを使ったワークショップと、なないろはあとのお話しをさせて頂きました。

9月に開催した、「なないろはあとのおしごと展」で、この交流会の企画をされている先生がご来場されたときにご依頼を受け、それから準備を進めてきました。

実は、その先生とはその時が初対面ではなく、「おしごと展」の前に開催した「スマイルリボンフェスタ」でなないろはあとのブースに来られたのが最初でした。

その時は、いちお客さまとして、私の営業トーク(?)を聞いてくださり、お地蔵さまを購入して頂いていました。

その時に、私に「なにか」をお願いしようと思われたそうで、「おしごと展」にお一人でご来場されたのです。

最初は、生徒さんに向けてとのお話しでしたが、今回は教員の組合女性部の方に、という形で開催するとこに。

 

大人が楽しめるワークショップをしてほしい、というご依頼でしたので、最近他でも開催している「お花畑のブローチ作り」のワークショップをご提案。

参加者の方々には、2個のブローチを作っていただくことに。

そして、なないろはあとのお話しもしてもらえたら・・・とのご依頼もありましたので、活動内容のお話しと、活動を始めたきっかけを、三男あつやの障がい「プラダー・ウィリー症候群」のことも交えながらお話しさせていただくことにしました。

 

そして、当日。

なないろはあと商品陳列
フェルトボールを使った作品を見てイメージして頂きたくて一部の商品を並べました。

 

ワークショップで使うフェルトボール

ワークショップの準備
当日会場に入ってから試行錯誤でワークショップブース作り

 

9時20分くらいに現地到着。

会場は、図書室奥の広い大会議室でした。

入った時は、「広い~!」ってびっくりしたけれど、コロナウィルス感染拡大予防のため、ひとつの会議テーブルには2人で座って頂くようにして、作品の陳列やワークショップのためのブースも作ってみたら、会場全体を使用していました。

(机がたくさんあってよかった~( ̄▽ ̄;))

 

参加いただいたのは、現役の先生から、引退された方まで幅広い年齢層の16名。

お一人、お子様を二人連れて来ていただいたので、+2名。そのうちのお子さんも急きょ参加され、ワークショップは17名でした。

10時半に皆さんが集合され、簡単なあいさつの後早速ワークショップ開始。

 

たくさんのフェルトボールからどんな色にしようかな?と選ぶのは楽しそう♫

 

まずはフェルトボールを選んでいただき、選んび終えた方からグルーガンのお席に座って頂くことに。

グルーガンはほとんどの方が初心者でしたが、皆さん上手に仕上げて頂きました♪

 

アシスタントにおひとり来ていただいていたので、それぞれ2人ずつ対応しながら、1時間で全員、無事にワークショップを終えることができました♪

 

ワークショップの後は、お話しの時間。

「なないろはあと」のパンフレットを配って、それに沿ってお話しを進めました。

皆さん、真剣に聞いて頂き、感謝です。

お話しの後は、交流をしながら、販売もさせていただきました。

皆さん、可愛い♡どれにしよう♡と選んでいただいてるのがとても嬉しかったです♡

中には、過去に他のイベントで購入して頂いたピアスを着けて来られた方も♡

「今、支援級を持っているんです、聞けて良かったです」と言って下さった先生や、「他でも買えますか?」と聞いてくださる方も。

 

そして、12時半に終了!

思っていた以上にスムーズにできて、ホッとできました♪

 

終わってホッとした表情で♫

 

今回、このような貴重な機会を頂いた、奈良教育大学附属中の中嶋先生には大変お世話になりました。

本当にありがとうございました。

 

そして、この話をした時に、すぐにアシスタントに手を挙げてくださった「あさひYa!カフェ」のオーナー原さんにもたくさん助けて頂きました。

ありがとうございました!

お手伝いいただいた原さんと♪

 

 

またこんな機会があるといいな~♪

 

フェルトボールって楽しいんだってことを、もっともっとお伝えしていきたいと思います♡

 

そして、フェルトボール作りの「お仕事」がもっと定着してくれたら嬉しいです♡